アンドリュー・カーネギー格言

 

金持ちのままで死ぬのは不名誉な死である。裕福な人はその富を浪費するよりも、社会がより豊かになるために使うべきだ。他人の利益を図らずして自ら栄えることができない。

 

ごく些細なことに、人間の運命をきめる最も重要なことがかかっているかもしれないのである。

 

自分の名誉を傷つけられるのは、自分だけだ。

 

一番乗りは牡蠣を得るが、ニ番目の人は貝殻しか得られない。

 

カーネギーの墓碑に刻まれた言葉「自分より賢き者を近づける術知りたる者、ここに眠る。」

 

清貧の家に育った子供は、裕福な家庭の子たちとくらべて、なにものにもかえることのできない尊い宝を与えられている。

 

年をとるにつれて人が言うことには以前ほど注意を払わなくなった。人の行動をただじっと見ることにしている。

 

人間は優れた仕事をする為には、自分一人でやるよりも他人の助けを借りるほうが良いものだと悟ったとき、その人は偉大なる成長を遂げるのである。

 

チャンスに出会わない人間は一人もいない。それをチャンスにできなかっただけである。必要な条件をすべて与えられながら、即座に決断を下すことのできない人は、いかなる決断も下すことはできない。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です