アーサー・サイゲル格言

 

投資家やポートフォリオ マネジャーといった人々の第一の任務は将来に対する明確なビジョンを描くことである。将来に対する専門家の意見がわかれることが多いだけでなく、なかには間違ったものも少なくない。

 

変化に対する対応のまずさは、投資家個人の不安や自己防衛の反映である。だから誤りを認めることを恐れていると、新しい情報への対処はかなり制約される。

 

過去の判断を正当化しようとする結果、私たちは新しい情報に対する判断を誤ってしまうことが多い。新しい情報というのは重要な情報を含むことが多い。

 

変化には早めに対応したほうがよい。この点を見落とすと、しばしば膨大な資産を失ってしまう羽目になる。早めに対処することで、多くの場合、損失も最小化されるからだ。

 

優柔不断はしばしば誤った判断よりも大きなコストを支払わせる。情報を詳細に検討したうえでいったん行った判断を変えるのは感情的に極めて難しい。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です