日経225先物 取引実録

先週から引き続き、次回のRelease予定は 22,605 でした。
8時半発注受けつけ MTR が22,630円とかになっていたので、急いで転売注文を入れる。
8時45分 の開始直後 Release しました。
Release 22,630
Gain 85,672
これで5枚に増やすことができました!

次に5,10,15分足の上の矢印がそれぞれ出ているときに、Long 持ちます。

自分の保有できる枚数を3分割し、矢印ごとにLongを持つというルールがあります。
mini 2 Long 22,635 Stop 22,460
Touchしたら-35,000

さらに下がってきた。
先週終値まで近づいた。
持ち直し1分足の上茶色矢印がでたので残りの3枚をLongで保有します。
mini 3 Long 22,590 Stop 22,460
Touchしたら -39,000

先の2枚と合わせると平均単価は 22,608 を 5枚持っていることになります。
つまり
mini 5 Long 22,608 Stop 22,460
Touchしたら -74,000
となります。

次回のRelease予定は 22,760 ですね。

10枚になるまでの強いトレンドの時のRelease(約定)予定額の計算方法を再度まとめます。

約定金額 = 保有平均単価 +(miniSPAN証拠金 × 1.2 ÷ mini保有枚数 × 100)

約定金額をSpan証拠金よりも高く設定することで、枚数を増やして挑戦することができるようになります。
失敗した場合は1枚減らして再チャレンジすればよいだけです。
保有枚数が増えると徐々に約定すべき金額と平均保有単価の差が小さくなってきました。
損切は4時間足の青色線です。

頑張れ日本経済!
下げ相場の時に利益をだすよりも、上げ相場のときに利益を出す方が嬉しい。

13時20分ごろ 損切されてしまった・・
Loss -74,410
このマイナスは大きい。午前中に出した利益と差し引きで +11,262
うーーーむ。先週からプラスではあるものの、 1分・5分・15分の矢印で買ってもロスが大きくダメだった。
もはやトレンドが終わったのか・・と思うほど。

リリースしたら1時間足の赤色矢印が出てから買うでもいいかな。
その方が心が楽だし作業コストが低いな。
1時間の赤色上矢印、4時間の青色線損切。
これを徹底してみよう。
しばらくは1時間置きに上向きの矢印がでているかどうかを確認してみます。
何かの書籍にも書いてありましたが、約定したらすぐまたポジションを持とうとすることは良くないとのことです。
また4枚からやり直しですが、頑張ります!

なんか、ものすごく値が下がってからまた戻ってきましたね。
こんなの持ちこたえられないわ。これが噂の「ロスカッター」の仕業か。

16時半 30分足で2本、1時間足で1本上向きの矢印がでたので、

mini4 Long 22,595 Stop 22,460

です。
なんか4時間足の青色線でもタッチしてしまう感じなのは、もしかするとトレンドが弱まってる可能性があるとのこと。
頑張れ日本経済!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です