H・ブラッドリー・ペリー格言

株価を考える上で重要なのは、株価が企業の直近の業績をそのまま反映していることだ。

 

業績の良い企業でも、利益がわずかに減っただけで、あるいは伸びが鈍化しただけで、株価は下落する。逆に、業績不振の企業でも若干でも好転の兆しが出れば、一気に株価が跳ね上がる可能性がある。

 

ポートフォリオ運用の打率を上げるために、現在の企業収益を長期的な利益水準との比較でとらえ、株価への影響を評価するのは非常に有効である。

 

 

「平均への回帰」現象はあらゆる業界で見られる。長期的には企業収益は業界の平均に近づいていく。

 

産業や株はいったん下がっても、もとの水準を回復することが多い。統計学者はこの現象を「平均への回帰」と呼んでいる。平均への回帰プロセスを理解することは、よりよい投資成果をあげるために非常に重要である。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です